水引アート 少しずつのつくり方 ガイド ブーゲンビリア2

 今日は、MizuhikiComplex です。

 動画「水引アート 少しずつのつくり方 ガイド」は、水引アート教室で使っている図説や書籍の説明だけでは掴みづらいポイント・コツを、動画を見る事により感じてもらう事を目的に作っています。 その為、作り方すべての手順を説明するのでは無く、その一部に焦点をあててガイド的にまとめてあります。

 今回、ブーゲンビリアのつくり方の一部をYouTubeに紹介しました。本動画は前のブーゲンビリア1の続きです。まだ撮影に慣れない為、必要な材料が手もとに用意してなかったりしていますが、臨機応変に作り続けてもらっています。

本記事では、動画での会話(字幕で表示していますが)を文字起こししたものと、補足の説明、写真等を載せています。

水引アートのブーゲンビリア
水引アートのブーゲンビリア


本動画では、ブーゲンビリアの花と葉を一枝にまとめる内容てす。
以下は、動画の会話の部分です。

(補足)変りリーフ編み2(1-1交差)で作っておいた葉です。
(彦) それは、何の葉ですか?
(政)これはブーゲンビリアの葉です。
(補足)葉の余った水引を斜めに切取っておきます。
(政) フローラが出てないか、、 
(政)ちょっと立ちます。
(政)全部用意しとかなきゃダメなんだよな~
(政)こういうのが、まだ、手順がだめなんだよ。
(補足)まだ不慣れな点がありまして、申し訳ありません。
(補足)葉の茎にフローラテープを巻いておきます。
(補足)次に、花の余分な水引を切取り、(補足)同様に花の茎にもフローラテープを巻きます。(補足)そして、花を三つフローラテープでまとめます。
(補足)次に、茎に対して螺旋状に葉を3枚のまとめます。
(政)これで一枝が終わります。

上記(※)の説明 (政)・・梶政華先生(彦)・・彦三郎 (補足)・・MizuhikiComplex

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です