2019年水引アート展示会 作品の紹介と作り方のポイント フクシア

2019年に実施しました、政華流水引アート展示会に出展された作品を一つずつ紹介する動画をYouTubeにあげています。今回はテーマ名「天使のダンス」で出展された「フクシア」の花器アレンジを紹介します。この動画ではその「フクシア」に焦点を当てて作り方や材料に付いて簡単に説明をしております。

動画は字幕のみでの説明となっておりますので、見づらい点があると思いますので以下に字幕部分を記載しております、参考にしてください。

字幕部分を表示します。

水引アート 赤いフクシア
水引アート 赤いフクシア

こんにちは、水引コンプレックスです。

水引アート展示会 作品紹介動画をご視聴いただき誠にありがとうございます。

本動画では、テーマ「天使のダンス」として展示された「フクシア(アイスダンス)」について紹介します。

作品の作者は、水引アート横浜教室の生徒さんです。

フクシア(アイスダンス)は花弁とガクの色のコントラストを特徴とする、釣り鐘のように下に垂れた可愛らしい小花です。
花の造りは複雑で、夏から秋にかけて開花します。

本作品はこの花の構造をほぼ正確に作りこんでおり、それなりの技術力と根気を必要とします。

これは、

作品が完成した時の作者の一言・・「指の爪先がボロボロになってしまった・・」がすべてを表しています。

さて、苦労した点や全体のまとめポイントとしては、

①  外花弁、内花弁、がく 等の部品は正確に作る。
 小さい花ですが、構成する部品の種類は多く、これらの結びや編みは丁寧に作る必要があります。
 ちなみに、ガクは羽衣のパール白、花弁は絹水引のボタンや藤を使っています。

② 全体のまとめのポイントは、
 花の組み立ては、がくの部分を細く仕上げます。
 また全体的には、かわいらしい自然なやわらかい感じが出るようにふんわりとまとめます。

以上 宜しければ、あなたの作品作りの参考にしてください。

最後までご視聴いただきまして、ありがとうございました。

次回の展示会は2021年5月の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です